短期間の矯正歯科治療

通常よりも治療期間を短縮する矯正テクニックとして、インプラント矯正とコルチコトミー併用矯正という治療法があります。
いずれも、通常の矯正治療期間に比べ、半年〜1年早く矯正治療を終えることが可能です。

■インプラント矯正

からだにやさしいチタン製の小さなインプラントを支点に、歯を休まず動かす方法です。

  • 通常に比べ、半年〜1年治療期間を短縮
  • 難しい矯正治療も可能に
↓詳しくみる

■コルチコトミー併用矯正

歯の土台となる骨に切れ目を入れて、歯を動きやすくする方法です。

  • 通常に比べ、半年〜1年治療期間を短縮
  • 骨が丈夫になる
  • 矯正治療後の後戻りが少ない
↓詳しくみる

インプラント矯正

インプラント矯正治療とは、チタン製のスクリュー(ネジ)やプレートを利用して歯を動かす治療法です。
今までの方法と違って多数の歯を同時に休みなく動かすことができるので、治療期間が短縮できます。
インプラントを用いることにより、今まで動かすのが困難だった方向にも歯を動かすことができます。 裏側矯正(舌側矯正)と組み合わせることもできます。

インプラント矯正はこのような方にオススメです

  • 短期間で矯正をしたいという方
  • 受験、結婚式などのイベントがあり、矯正期間が決まっている方
    →矯正治療期間を、通常よりも半年〜1年短縮できます。

インプラント矯正の特徴・メリット

  • 通常なら難しい矯正治療を可能とし、従来の矯正期間を大幅に短縮できます。
  • 同じ矯正内容でしたら、従来の方法よりも、治療期間が半年〜1年短縮できます。
  • インプラントで歯を引っぱるときに、痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

インプラント矯正治療の手順

  1. インプラント埋入
    麻酔の後、歯肉、歯槽骨(歯の土台となる骨)に小さいスクリューを入れます。
    スクリュー1本入れるのにかかる時間は1分くらいです。
  2. インプラントを使って歯を動かす
    スクリューを固定源に、ゴムやスプリングをかけて歯を動かします。

インプラント矯正の治療例

インプラント矯正の費用について

治療費用は、通常の矯正費用に加え、インプラント1本当たり15,000円がかかります。
通常の矯正治療の費用については、矯正治療の費用をご覧ください。

▲戻る

コルチコトミー併用矯正

コルチコトミー(皮質骨骨切り術)は、歯を支える歯槽骨の表面にある骨に少し切れ目を入れ、歯を動きやすくする方法です。
成人の場合、骨が硬く緻密なため歯の移動が難しかったのですが、このコルチコトミー併用により歯が動きやすくなり、飛躍的に短期間で矯正治療が行えるようになりました。歯槽骨に切れ目を入れても、歯の神経は健全に保たれますので、ご安心ください。

コルチコトミー併用矯正はこのような方にオススメです

  • 歯を矯正したいが、できるだけ短期間で矯正したいという方
    →矯正治療期間を、通常よりも半年〜1年短縮できます。

コルチコトミー併用矯正の特徴・メリット

  • コルチコトミーを併用することによって、治療期間の短縮が期待できます。
  • 一度切られた骨は、自然治癒力により前よりも丈夫になります。
  • コルチコトミーによって、矯正治療後の後戻りが縮小されます。
  • 骨を人工的につくり、強化することもあります。

コルチコトミー手術について

手術というと大げさですが、コルチコトミーの手術は実質2〜3時間程度の簡単なものです。
日帰りで、手術当日から普段どおりの食事もできます。
※痛みや腫れについては個人差があります。

コルチコトミー併用矯正の費用について

手術代が別途発生しますが、それ以外は通常の矯正治療費となります。
通常の矯正治療の費用については、矯正治療の費用をご覧ください。

▲戻る