健康への影響

不正咬合が健康へあたえる影響
お子様の成長、成人の肩こりや偏頭痛など、歯のかみ合わせが気づかない間に健康に影響をあたえていることがあります。ここで紹介する症状が必ずしもかみ合わせが原因とはいえませんが、もし気になることがあれば一度ご相談ください。

※症状と原因については必ず各医療機関の診療をお受けください

成長への影響

かみ合わせが悪いために上下顎骨の成長に影響がでる場合があります。例えば片側の歯のかみ合わせが悪いと無意識のうちに反対側へ負担をかけることになります。背骨や筋肉はバランスを取ろうとし不要な個所に力が入り、常に緊張した状態になります。反対咬合では上顎骨の成長抑制、下顎骨の過剰成長を起こし、上顎前突や過蓋咬合では上顎骨の過剰成長、下顎骨の成長抑制を起こすことがあります。
また、かみ合わせが背骨などに影響をあたえ、その影響がかみ合わせへさらに影響をあたえる悪循環にもなります。

▲戻る

発音への影響

受け口、開咬、すきっ歯(空隙歯列)などの不正咬合は発音へ大きな影響をあたえます。特に息が常に抜けるような状態は聞きとりにくい不明瞭な発音なり、その中でもサ行やタ行など発音が不明瞭になりやすいのです。

▲戻る

顎への影響

顎関節症をご存知でしょうか?顎関節症は顎の音がする、口が大きく開けない、コメカミや顎の付け根が痛むという症状があります。症状がひどくなるとまったく口が開けなくなることさえもあります。
顎関節症の原因についてはまだ完全に解明はされていませんが、かみ合わせの悪さ、精神的ストレス、背骨・肩・腰の不調の影響が考えられます。

▲戻る

全身への影響

歯ならびをよくすることにより背骨や骨盤、筋肉のバランスを正常にし健康的な状態へすることもできます。
その他にもかみ合わせが悪いと食べ物を充分にかまずに飲み込んでしまうことがあるため、消化吸収作用が低下し胃腸へ影響をもたらすこともあります。良くかむ事は脳を刺激することにもつながります。

▲戻る

歯とその周囲への影響

ムシ歯、歯肉炎(歯ぐきの病気)、歯周炎などの大きな原因の一つに適切なブラッシングができていないことがあげられます。叢生などの不正咬合では歯が重なり合ってしまうために、隅々まで歯ブラシが行き届かなくなります。そのため磨き残しが虫歯などの原因になるのです。
かみ合わせが正しくないため、そしゃく時に歯に無理な力がかかって、歯がまもうする。不正な位置へ移動する、歯周炎をより悪化させることがあります。

▲戻る

コンプレックス

出っ歯や受け口などは口元や顔のつくりに影響をあたえやすい不正咬合です。これらはコンプレックスになることが多く、精神的にも負担が大きいものです。出っ歯や受け口を気にするあまり内向的になってしまったり、いつもイライラしているような精神状態は健康にもよい影響をあたえません。不正咬合は適切な矯正治療を受けることにより改善することができます。
精神面での負担を取り除くことは身体の健康にもよい影響をもたらします。

▲戻る