矯正歯科治療の流れ

初診から治療終了までの流れ
矯正治療では患者様の症状、身体の状態などによって一人ひとりにあった治療の計画を立てます。
ここでは基本的な目安となる矯正歯科治療の流れをご紹介します。

矯正治療の流れを動画でご説明

初診・検査 30分〜1時間程度

はじめに患者様の悩み・治療に関する様々な疑問・心配をお聞きし、症状などの診察おこない、歯ならび、かみ合せ、顎関節、顔、全身との関連などについてお話をいたします。
次に精密検査(レントゲン、写真撮影、歯型の採取等)を行い、患者さんに最も適した矯正歯科治療の計画をたてます。
初診受付は下記ページからも承っております。是非、ご利用ください。
→初診受付へ

診断・治療計画の説明 1時間程度

検査時におこなう精密検査を元に患者様に適した無理のない治療計画を作成いたします。
治療方法や期間、費用や料金のお支払方法など疑問に思う事など何でもお聞きください。充分にご理解いただけるようご説明を致します。
最終的に治療方法・期間・費用等を決定致します。

歯みがき・クリーニング指導 1時間程度

矯正歯科治療に入る前に虫歯や歯槽膿漏のチェックをおこない、歯磨き指導および口腔内清掃をおこないます。この時点で虫歯等がある場合には虫歯の治療を先におこなうことになります。
また、患者様によっては必要に応じて抜歯をしてから治療を行う場合があります。

スプリント治療

症状によっては、歯の位置だけではなく顎(顎関節)の位置がずれている場合、また口があきずらい、顎がいたい、音がするなどの場合があります。
その場合は歯の移動の前にスプリント治療をおこない、顎関節、筋肉が安定した状態になるよう治療します。
この正しい顎の関節の位置を基準として、歯の移動(動的治療)を開始します。
→スプリント治療の情報ページ

矯正装置の装着 30分〜1時間程度

矯正装置を初めて装着する日にかかる時間は、約1時間かかります。
骨格、症状は一人ひとり違いますので治療方法、装置は患者様に適したものを使用します。はじめて装置を装着するとしばらくの間、痛みや違和感を伴うことがありますが、それらは次第に薄らぎます。痛みを強く感じる場合は、経絡のツボに低周波通電を行い、ダイオード貼布を行って、痛みを軽減するなどの対応をします。

歯の移動 1年半〜2年半程度

1、歯の移動などを詳しく観察し、適切な矯正治療をおこなっていきます。治療期間は、患者さんの顔の骨格や症状の難易度によって大きく異なります。詳しくは診断時にご説明します。この期間は1ヶ月に1回程度の間隔で通院していただきます。
2、乳歯列、永久歯がはえそろうまでの時期は、主として永久歯がうまくはえてくる状況をつくり、順調な顎の成長を誘導します。期間は1年〜1年半の目安で、その後、保定・定期観察へ移行します。
3、永久歯列、成人の治療期間はおおよそ2年が一応の目安となります。
4、顎変形症の治療期間はおおよそ手術前矯正が1年、外科手術での入院が5日間、手術後矯正が1年です。
  ・保定 2年程度
5、口唇裂・口蓋裂、先天異常の治療期間は全体の治療期間を短縮するよう配慮します。顎の形成を誘導する必要のある場合は長期間を要します。

保定 1年半〜2年半程度

治療完了後、しばらくの間は治療した咬合が後戻りし、元の状態へもどらないようにするため、保定装置(リテーナ)を装着します。定期的に調整・診査をおこないます。
・通常のリテーナ(写真上)
・透明で目立たないソフトリテーナ(写真下)
保定期間中は口唇・舌の正しい使い方を習得して後戻りを防ぎ、正しい歯みがき方法を知って歯周組織の健康を図ります。
保定により歯、顎を安定した状態へもってゆきます。

経過観察 定期的

永くきれいな歯ならびを保ち、いつまでも健康的でいられるよう、継続的な観察を行い、定期検診を行います。
※矯正治療は、口腔内の健康状態を継続的に観察することが重要です。保定後でも歯は動きます。とくに指しゃぶり、舌、唇などの癖などが治らない場合、歯が大きく動き、再治療が必要になります。そうならないためにも経過観察は重要なのです。
治療後1年、2年、5年の経過を検診いたします。