小児の矯正歯科治療

お子様の歯並びについて
お子様の矯正歯科治療で重要な事は、将来の歯並びのためにどのような治療が必要かをよく考え、継続して観察し、適切な矯正歯科治療をおこなう事です。
特に6から12才までの混合歯列期(乳歯から永久歯に生え変わる時期)から継続的に検査をおこない、歯並びと顎の関係がどのように変化しているか観察をする事は大切です。

子供の矯正歯科治療(乳歯混合歯列)

乳歯列期の矯正歯科治療について

乳歯列期(乳歯のみの時期)に矯正歯科治療をおこなう事が必ずしも必要だとは限りません。成長するにしたがって自然と治癒する事もあります。

1期治療(予防矯正、小児矯正)について

混合歯列期におこなう矯正歯科治療を1期治療、永久歯列期(永久歯に生え変わった後)におこなう矯正歯科治療を2期治療と呼びます。
1期治療は予防矯正、小児矯正とも呼ばれ、永久歯の歯並びや2期治療をおこなう場合を見据えて行います。
その為、やみくもに1期治療をおこなうのではなくお子様の将来の歯並びのために必要な治療をおこなう事が大切です。
当医院では永久歯列期の歯並びへの影響が低く、お子様の成長の妨げにならないような場合には必要の無い1期治療はおこないません。

1期治療が有益な症例

次にあげるような症例の場合は1期治療をおこなう事で十分な治療効果が見込めます。

  1. 1期治療をおこなう事で2期治療の必要がなくなる場合。
  2. 2期治療が容易になるように1期治療をおこなう場合。
  3. 上下の顎の関係が改善できる場合。
  4. 永久歯の萌出の妨げや悪影響が考えられる場合。
  5. 歯の破折や外傷等を回避できる場合。

大切なのはお子様がきれいな歯並びで健康的な生活をおくれる事です。 もし、お子様の歯並びにご不安があればご相談ください。