顎変形症

開咬(かいこう)、下顎前突(かがくぜんとつ)伴う顎変形症 治療例

治療前

治療後

この症例の状態

  1. 上顎骨の後方部の高さが大きい。
  2. 下顎骨の形が開大。
  3. 上下前歯が前方傾斜。
  4. 上下臼歯がのび出ている。
  5. 上顎歯列が狭い。

治療方法

  1. 術前矯正:上顎歯列の拡大、上下口唇の前突を改善するため、上下顎ともに左右第一大臼歯を抜歯して、上下前歯の後方移動。
  2. 外科手術:上顎骨の上方移動。下顎骨の後上方移動。上下同時移動術(Le Fort I 手術、下顎枝矢状分割法)
  3. 術後矯正:外科手術後の後もどり防止。機能的咬合を得る。
  4. 保定:咬合の調整。リテーナを使用。

顎変形症顔面非対称上顎前突下顎前突開咬+下顎前突