矯正歯科治療例

過蓋咬合(かがいこうごう)
奥歯をかむと上顎の前歯が下顎の前歯を覆うように深くかみ込んでしまう症状です。必要以上に深くかみ込んでしまうため、歯の接触がきつく歯をすり減らしてしまいます。また顎の運動に支障が生じ、症状が進むと顎関節症などを併発する恐れがあります。そのため早期の治療が望まれます。
不正の状態として、前歯がのび出ている、臼歯が低い、上顎骨の基底面は前部が下方、後部が上方となっている。下顎骨の基底面は前部が上方、後部が下方となっているなどがあります。

過蓋咬合の矯正歯科治療例

矯正治療前

矯正治療中

矯正治療後

この矯正歯科症例の状態
上下前歯がのび出しており、後方傾斜している。臼歯の高さが低い。上下歯列の前後関係は上顎が前方位。

治療方法
1、上顎歯列の後方移動。上顎大臼歯後方移動装置。
2、上下前歯を圧下、前方傾斜。
3、非抜歯治療。マルチブラケット装置。

チェック上顎前突下顎前突叢生開咬過蓋咬合埋伏