矯正歯科治療例

下顎前突(かがくぜんとつ)、反対咬合、受け口
上下のかみ合わせが逆になっており、下顎(かがく:したあご)が出た状態です。上の前歯がひっこんでいる、下の前歯が出ている。上顎が小さい、下顎が大きすぎるなどの原因が考えられます。ただし、成長途中の場合は顎の成長により症状が変化することがあります。そのため長期的な観察が必要になります。治療は矯正治療で治せる場合と顎変形症として外科手術を伴った治療が必要になる場合があります。

下顎前突の矯正歯科治療例

矯正治療前

矯正治療後

この矯正歯科症例の状態
骨格は上顎骨が後方位、下顎骨が前方位にあり、歯は上下前歯がともに後方傾斜しています。上顎歯列幅がせまく、歯ならびが乱れています。

治療方法
1、上顎骨を拡大して、乱配を改善する。急速拡大装置。
2、上顎骨の前方成長をうながし、下顎骨の前方成長を抑える。上顎前方牽引装置、チンキャップの使用。
3、永久歯の全体的治療を行う。マルチブラケット装置。

チェック上顎前突下顎前突叢生開咬過蓋咬合埋伏