矯正歯科治療例

上顎前突(じょうがくぜんとつ)、出っ歯
上顎前突は出っ歯と呼ばれますが不正咬合の一つです。上の前歯が出ている、下の前歯がひっこんでいる。上顎(じょうがく:うわあご)が大きすぎる、下顎(かがく:したあご)が小さいなどの原因が考えられます。歯ならびだけの問題ではなく骨格が関係している場合もあります。
常に口をあけている状態になりやすく口の中の衛生環境全体に影響をあたえます。また上手くかみ合わせることができないため顎の関節にも負担をかけたり、顔のつくりに影響をあたえやすいためコンプレックスの一因にもなります。

上顎前突の矯正歯科治療例

矯正治療前

矯正治療後

この矯正歯科症例の状態
上顎骨の位置は平均的ですが、下顎骨が後方位にあります。上顎歯列が前方位にあり、上顎前歯が前方傾斜しています。上顎歯列に乱配がありますが、下顎歯列はととのっています。横顔は上唇が前突し、下顎が後退した感じがします。

治療方法
外科手術によって下顎骨を前方へ移動する治療方法も考えられましたが、抜歯して矯正治療のみによる治療を行いました。
1、下顎は非抜歯、上顎は左右第一小臼歯2本を抜歯。抜歯によるスペースを利用して上顎前歯の後退を行いました。
2、歯ならびに影響するので親知らず4本の抜歯。

チェック上顎前突下顎前突叢生開咬過蓋咬合埋伏