矯正歯科治療例

叢生(そうせい)、乱ぐい歯、乱ぱい、八重歯
本来生える場所が他の歯に妨げられること(歯の大きさと骨の大きさのバランスが悪い)により、歯が重なりあうためきれいに並ばないデコボコとした歯ならびになります。
叢生でよくあるのは上顎の糸切り歯(犬歯)が歯ならびから外れている八重歯と言われるものです。叢生は歯が重なりあうため、歯ブラシが隅々まで行き届かず虫歯や歯槽膿漏などの原因になる場合があります。

叢生の矯正歯科治療例

矯正治療前

矯正治療後

この矯正歯科症例の状態
顎の大きさに比べて歯の幅が大きいために乱れた歯ならび、かみ合せ(叢生)となっています。

治療方法
歯の大きさと顎の大きさの差の程度によって治療方法が異なります。
1、程度の軽い場合は非抜歯治療が可能。これには歯列の側方拡大、前歯の前方移動、後方歯の後方移動によって治療します。非抜歯治療では、親知らず(第三大臼歯)を抜歯する。第二大臼歯を抜歯してその代わりに親知らずを利用する方法もあります。
2、中程度の場合は第二小臼歯を抜歯して、大臼歯の前方移動を大きくし、前歯の後方移動を少なくする方法がとられます。
3、高度の場合は第一小臼歯を抜歯して前歯の後方移動を大きくする方法がとられます。小臼歯抜歯で不足の時はさらに第一大臼歯を抜歯する場合もあります。
4、この症例では上下左右第一小臼歯を抜歯(4本)による、抜歯治療を行いました。

チェック上顎前突下顎前突叢生開咬過蓋咬合埋伏