矯正歯科治療例

開咬(かいこう)
奥歯をかみしめた状態でも前歯などがかみ合わず開いた状態になる症状です。小さな頃の指しゃぶり、おしゃぶりの常用、舌を突き出すくせなどが原因となったり、のど、鼻の疾患や歯・顎の不正な成長発育が等が原因となることが多く、前歯がかみ合わないため食べ物を上手くかみ切ることができません。
またかみ合わせが不安定になるため、顎の関節に負担がかかり顎関節症の原因になったり、息が漏れてしまうために発音が不明瞭になることがあります。不正の状態として、前歯が低い、臼歯がのび出ている(過萌出)、上顎骨の基底面は前部が上方、後部が下方となっている。逆に下顎骨の基底面は前部が下方、後部が上方となっているなどがあります。また機能的には口唇が無力、舌の位置、使い方に不正があることがあります。

開咬の矯正治療例

矯正歯科症例写真



矯正治療前

矯正治療後

この矯正歯科症例の状態
上下の前歯が低い位置にあります。舌を突出させるくせがある。上下歯列の前後関係は下顎が前方位となっている。

治療方法
1、上下前歯をのび出させる(挺出)。
2、上下歯列の前後関係を改善する。
3、抜歯治療。上下左右第一小臼歯を抜歯。マルチブラケット装置。
4、上下左右の親知らずを正しく配列した。

チェック上顎前突下顎前突叢生開咬過蓋咬合埋伏